2006年 04月 14日

開幕戦!

e0069453_1723996.jpg
e0069453_1723269.jpg


2006/3/12 静岡県 富士スピードウェイにて今シリーズが開幕しました!
世界有数のサーキット!最高速度をマークするコースです!ステレート長
(直線)が1,4kmもあり自分のクラス(1000cc)ですと最高290kmは有に超える
スピードが出てしまう怖~いコースです!!!が・・・楽しいサーキットです!
(キレてる自分には)開幕戦優勝~!を見込んで昨年来からマシンのオーバーホール
を友人のショップに頼んでおりました!友人は全日本選手権や世界選手権に出場
した事のある二輪界ではチョー有名なライダーのメカニックを担当してきたズバ腕!
他のマシンより格段に速いマシンを作り上げて、圧倒的有利をもって戦う事を夢みて
楽しみに仕上がりを待ちわびておりました・・・が・・・世の中そんなに甘くない・・・
とはこう言う事ですね~!
予想を上回るトラブルが続き・・・続き・・・続き・・(レースとは・・・こう言うものだ)
友人を含めライダー、メカニック共に徹夜and突貫を数週間続けて(仕事が終わってから
です、もちろん!)何とか原因が判明!一時は開幕戦はおろかシーズン前半もだめか
~と悲壮感が蔓延する中、友人達の壮絶な奮闘により完成!!!
だが・・・・・すでに予選は数日後 練習はおろか慣らし走行もする時間もない状況!
当にぶっけ本番!昨年の最終戦以来(4ヵ月も)、一度もバイクに乗っていない上
エンジンセッティングも全然違う・・・そして、はじめて走る改修後の富士・・・
コースもマシンも全くデーター無し!その上 世界最高速コース・・・
流石の鬼監督(奥様)もこの状況においては、『今度ばかりは、無理せず流すかリタイヤしたら・・・』との嘗て無いお言葉・・・『どうする・・・』『やめるか・・・』『やるだけ・・やろう』
もしもの時は・・・『やっぱり!バカだったなぁ~!』と笑うという事で・・・・・決定!
友人達は決定にもとずき、更なるセットUPに徹夜の続行!『マシンに対する不安は、絶対に無い様完璧にするから!』の言葉に久しく熱いものがこみ上げましたね!
こうなれば、ライダーとしても表彰台を目指さなくては、何としても・・・
予選・・・タイムが伸びず、7番手グリット。
スタートシグナルが消えGO-!抜群のロケットスタートが出来、1コーナー進入にて
前車5台を一気抜き!後はTOPをどこで刺すか!一周目2位にて周回し早めの勝負を
掛けるべ1コーナーにて勝負!!!イケ~!
しか~し!・・・またやってしまいました~!突っ込みすぎでコースオーバー!
瞬く間に後続車に交わせれ、必死でもどるも(転倒しなくてよかった!)4位にさがり
3位のマシンとの距離がどうしても詰まらず終了・・・4位かぁ~・・・・・・・・・・・・・・
『みんな・・・ごめんね・・・』  マシンに跨りうなだれる肩に、『よかったね、3位じゃん』
監督の声・・・はぁ~???電光表示搭に『31』の数字???どうなってんの?
なんと!TOPライダーが周回間違えてダブルチェッカー(失格)となり繰り上げ3位に。
『なんだぁ~!棚ぼたじゃん!』と嬉しくないが、こんなんでも『レースは結果が全て』
とみんなとっても喜んでくれてよかったー!!!ありがとー!!!
何より貴重な3位です!次は、必ず優勝するよー!
シャンパンファイトが目に沁みる表彰式でした!
[PR]

by oono-reform | 2006-04-14 20:24 | noda


     チョー!お久しぶりです! >>